低価格の景品について

ビンゴ大会で高額な景品を準備するのは参加する人のモチベーションを上げる重要な景品ですが、逆に低価格な景品もいくつか準備しておかないと、バリエーションの幅が広がりませんし、笑いを狙うという意味ではこちらの景品が最も重要な役割となるに違いないでしょう。

低価格な景品と言っても、千円前後する景品から数十円の景品までさまざまですが、千円前後で用意するのであれば、おしゃれなタンブラーや商品券などが人気の景品と言えるでしょう。商品券で多いのが、いわゆるデパートなどで使用できる一般的な商品券というよりかは、有名コーヒーチェーン店の商品券など、日常生活の中で普段使いできる商品券を準備する方が参加者のみなさんからは喜ばれるかもしれません。

また、千円以下の景品を揃える場合は基本的には笑いを取りに行く景品を揃えるのが一般的です。具体的に言うと、数十円するお菓子やたわしなどもらっても全く嬉しくないものをあえて揃えることで、参加者の笑いを誘えます。ただ、ここまでは大人のビンゴ大会ということを前提にお話ししてきましたが、子供主体のビンゴ大会では、お菓子などに加え、鉛筆や消しゴムなどといった文房具を揃えるのが一般的でかつ子供は喜ぶでしょう。子供のビンゴ大会で難しいところは今流行っているアニメやキャラクターをモチーフにした景品の方が絶対良いので、その部分のリサーチがある程度必要になってくることでしょう。